手彫りの意味について | コンビネーションバレルシリーズ(婚約指輪・結婚指輪・ジュエリー)|ハワイアンジュエリー ISLANDS

コンビネーションバレルシリーズ

手彫りの意味について

伝統のハワイアンジュエリー

ハワイアンジュエリーの起源は英国ビクトリア王朝まで遡ります。当時、英国ヴィクトリア女王が治めるヴィクトリア王朝は、歴代王朝で一番芸術の花ひらく黄金期でした。カピオラニ王女とリリウオカラニ王女が、ヴィクトリア女王即位50周年祭に参加した際に、2人の名前を彫刻した純金のブレスレットが贈られました。
王女たちはその贈り物に大変感激し、類まれな感性を持つ王女たちは、英国の華麗な装飾技法を、美しいハワイの自然をモチーフにハワイアンの伝統と心を伝えるジュエリーを作らせたのが始まりと言われています。ハワイ独特の自然をモチーフにハワイ語を刻むスタイルが当時のハワイアンの心を掴み、またたく間に広まっていきました。ハワイアンが大切にする、美しい海と空、島の緑そして思いやりともてなしの心。自然と共生するアロハの精神は森羅万象すべてのものに魂が宿る考えをハワイアンジュエリーにこめたのです。今では親から子へと代々伝わるハワイアンジュエリー。受け継がれていく家宝として、大切な家族や恋人への贈り物として世界中の人々から愛されているのです。

手彫りの模様の意味

アイランズの熟練職人がハワイアンジュエリー施す手彫りの模様にはそれぞれ深い意味がこめられています。

Maka

マカ【最愛の人】

絆を強く結びつけるという意味を持つマイレリーフ。最愛の人との結びつきがいつまでも強くあるようにと願いを込めました。

Nalu

ナル【永遠の愛】

寄せては返す波のように、永遠に途切れることのない大切な人への愛を波モチーフに込めました。

Mana

マナ【恵】

ハワイの大自然に守られることで、すこやかな愛を育み、幸福に包まれるようにと願いを込めました。

手彫りに込めた想い

全ての模様に共通して、「模様の流れ」「バランスの良さ」「彫り面の美しさ」にこだわりを持ってお作りしています。アイランズの模様はすべて、1つの流れで見たときに美しく、また1部分だけを見た場合でも美しくなるように彫られています。なぜなら、指輪を離れて見た際は「全体の美しさ」、指輪を近くで見た際は「一箇所の美しさ」が重要になるからです。彫り面が美しくなることを大切にしているので、彫りに使用する刃物は特注で制作し、刃の研ぎ方は日本の伝統技法「和彫り」と同じ方法を用いていることもポイント。彫り面を美しくすることで、余計な研磨をせずに済み、手掘りの本来の美しさを最大限活かす事が出来ます

STORE LOCATION

OTHER INFORMATION

ページTOPへ