鍛造について|ハワイアンジュエリー ISLANDS

ISLANDS(アイランズ) ハワイアンジュエリー > 鍛造について

鍛造について

輝きと耐久性を追求した、手作業で作り上げるこだわりの工法

手彫りをより美しく表現する為には、彫りを入れる前のベースとなるリングの製造工法が大きく関わります。
金属工芸の製作技法のうち、本体を形づくるのは、金属を圧縮して成形する「鍛造(たんぞう)」と、鋳型に金属を流しこんで成形する「鋳造(ちゅうぞう)」による方法があります。アイランズの指輪は、刃物を作る際と同様に、圧縮する事で金属を硬くし、指輪を形成していく「鍛造(たんぞう)」で製作されています。
「鋳造(ちゅうぞう)」の技法と比べても非常に強度が高い金属をベースとしています。
「鍛造(たんぞう)」の技巧により地金が詰まり密度を上げることで、強度が増し、更に後に施す手彫りの彫り面がより美しい輝きを放ちます。

匠の技術に支えられたベースリング(ハンドメイド鍛造)

アイランズの指輪は一貫した手作業でのものづくりにこだわり、
手彫りはもちろんのこと、リングベースも手間がかかるハンドメイド鍛造で製作しています。

手彫りを入れる前のリングベースを作る職人は、非常に高度な技術を有しています。
指輪の形を形成する為に、金属を叩き鍛えることで、金属がしまり強度が増します。
金属を丸めて溶接を行う工程においては、一般的なリングベースでは経年変化により、溶接した継ぎ目が線になって目立ってくる場合が多くあります。
アイランズでは地金それぞれに合った適切な成分を配合した溶接材を使用することで、溶接した箇所が目立つことなくいつまでも美しく保つことができます。
この作業には熟練の技と経験が必要になります。
また、歪みのない指輪の形を形成する技術は僅かな誤差も許さない造形力が必要です。
アイランズのハンドメイドの鍛造職人は機械で制作したかの様に正確な形を形成することができ、正に匠の誇りがベースリングの美しさを生み出します。

STORE LOCATION

OTHER INFORMATION

ページTOPへ